2018年 9月 24日 (月)

将棋の藤井聡太四段、高校への進学決める 「すべてのことをプラスにする気持ちで」

印刷

   「将棋の藤井四段が中学校卒業後の進路について決断しました」(水卜麻美・日本テレビアナウンサー)

   プロデビューから29連勝の新記録を打ち立てるなど活躍し、話題を呼んだ藤井聡太四段。現在、名古屋大学教育学部付属中学校の3年生でもある藤井さんは、高校に進学するか中卒で将棋に専念するかで悩んでいたそうだ。

   「藤井四段が選んだ道とは――」(「スッキリ」ナレーション)

   このほど、付属高校へ進学する意向を固めたことがわかったそうだ。藤井さんは日本将棋連盟を通じて「すべてのことをプラスにする気持ちで、これからも進んで行きたいです」とコメント。

37勝6敗はプロ棋士中、1位の成績

   藤井さんの本年度の成績は37勝6敗で、これは対局数、勝数、勝率すべてにおいて、全プロ棋士中、1位の成績だそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中