2018年 6月 21日 (木)

マエケン、小学生時代の清宮と約束 「プロで対戦できたら」

印刷

   メジャーリーガーの前田健太が27日(2017年10月)インスタグラムを更新し、26日行われたプロ野球ドラフト会議で指名を受けた2選手との思い出を語った。

   7球団から1位指名を受けた注目のスラッガー・清宮幸太郎とは、清宮が小学生の頃にテレビの企画で対戦したといい、当時から「すごかった」と振り返った。「またいつかプロで舞台で対戦できたら」(原文ママ)と話したという。

   もう1人はロッテに1位指名された安田尚憲。安田の兄は、前田の母校・PL学園の先輩で、バッテリーを組んでいたと明かした。グランドに来ていた小学生の時のイメージが強かったためにこれまで気付かず、顔を見て「あぁーひさ!」と驚いたという。

   前田は「プロの舞台で二人のスラッガーの活躍がすごく楽しみです」と注目の新人に期待を寄せ、「#二人と」「#いつか対戦できるかな」と胸を膨らませた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中