2019年 9月 21日 (土)

日米首脳のゴルフの最中に北朝鮮ミサイルの発射ないことを祈ろう!

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

ローラ独立で芸能界が混乱?

   私の好きなローラ(27)が、突然独立宣言して芸能界は大混乱だとフライデーが報じている。

   事務所のやり方がおかしい、奴隷的だと主張してきた彼女だが、10月20日付で日本を代表するクライアントのところに「独立宣言」ともとれる文書を送りつけたというのである。

   そこには新事務所の担当者と新たに就任した弁護士2人の名前があったという。 文中には「契約解除はやむを得ない」「所属事務所とローラは無関係となる」といった一方的な内容が書かれてあるそうだ。

   新事務所の名は愛犬の名前「MOKA BEAR」からとったようだ。設立は7月中旬。代表取締役は双子の兄。

   現在ローラがイメージキャラクターになっているのは26社。ライオン、サントリー、ユニクロ、楽天など大企業だが、それらのスポンサー企業が混乱しているという。 そのうちの1社は、新しい事務所の人間から電話がかかって来て、「契約のことで話がある、これからはウチに連絡をください」という内容で、たどたどしい日本語だったと話している。

   それに芸能界や広告のルールを知らない人間だと、感じたという。

   事務所側は、今年6月以降、法的に有効な形での合意はなにもされていないのに、このやり方は納得できないといっている。

   その上、撮影現場に兄や母親が付いてきてしまうそうだ。

   大手企業の関係者が、タレント事務所とわれわれ企業との間には広告代理店やいろんな会社が関わっている、そこを飛び越えられても困ると嘆いている。

   「こちらも企業イメージがあります。これ以上ゴタゴタが続くようなら、来季の契約は考え直さないといけませんね」

 

   ローラ最大の危機である。私に頼んで来れば、いい方向で収めてあげるのに。でも、来ないだろうな。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中