韓国がトランプ夕食会に出した「反日メニュー」 「独島(ドクト)エビ」の狙いは?

印刷

   「『反日メニュー』と思われるものが、なぜ出されたのでしょうか」と司会の羽鳥慎一が伝える。トランプ米大統領はきのう7日(2017年11月)、韓国を訪問したが夕食会のメニューが波紋を広げている。

   日本では銀座の高級レストランで和牛ステーキが振る舞われたが、文在寅大統領が用意したメニューの中に日本を意識したかのような驚きの食材があった。

   メインは360年熟成醤油で味付けた韓国牛のカルビ焼き。松茸石焼きご飯やキムチもあったが、問題はエビの産地だ。日本固有の領土である島根県・竹島周辺でとられたとみられるが、韓国では「独島(ドクト)エビ」と呼ばれる。

   きのう(2017年11月7日)の朝鮮日報は「独島エビ」を出した狙いについて「日本が虚偽の領有権を主張する独島を我々が守るという意志をアメリカ側にアピールする狙い」と述べた。韓国大統領府はメニューの意味について「食材1つ1つに意味を込め、初めて来韓された国賓への真心を表現しようとした」と説明している。

   司会の羽鳥慎一「エビの狙いは何でしょうか」

   コリア・レポート編集長の辺真一氏は「このエビが出ると、日本が反発します。日本と同盟関係にならないのはこれが原因だということを、トランプ大統領に説得するのに一番効果的だとみて持ち出したのでしょう」と解説する。

元慰安婦も招待

tv_20171108112838.jpg

   夕食会にはもうひとつのメッセージがあった。元慰安婦の 李容洙さん(88)が招かれていた。共同通信社編集委員の太田昌克氏は「歴史問題では妥協しないという姿勢をみせることで、トランプ大統領に日韓の歴史問題を理解してもらいたいため」と説明する。

   羽鳥「きのう一日でもの凄いメッセージが日本とアメリカに送られているんですね」

   浜田敬子(前アエラ編集長)は「こうしたメッセージがトランプ大統領に伝わるのでしょうか」と疑問を投げる

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)は「政府が主導して、日韓の対立感情をあおっているのではないか」と指摘した。

   これに対し辺氏は「一方で、韓国の国内向けメッセージも必要です」

   近隣関係の難しさが改めて浮き彫りになった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中