2018年 12月 19日 (水)

スピードスケート・ニッポン女子陣が大躍進 小平1000メートル、高木1500メートルで優勝

印刷

   「オランダで行われたスピードスケートのワールドカップで、女子日本代表が金メダルラッシュです」(水卜麻美・日本テレビアナウンサー)

   小平奈緒選手は女子1000メートルでワールドカップ初優勝。さらに、翌日の500メートルでも優勝し、ワールドカップ連勝記録を10に伸ばしたという。

チームパシュートでも優勝

tv_20171113131957.jpg

   女子1500メートルでは、高木美帆選手が優勝したそうだ。さらに高木選手ら3人が出場したチームパシュートでは、ソチ五輪金メダルの強豪オランダを破り、8年ぶりの世界新記録更新で優勝したという。

   「平昌オリンピックも楽しみですね」(水卜)

   「ほんとにねえ。あと3か月という時期で期待が高まってくる。やっぱり個々の力が高まってるからこそ、チームパシュートでもタイムが出るんだなと思いました。これを出すために、夏の追い込みとかメチャクチャ積み重ねたことが、出てるんだと思う」(スッキリコメンテーターで元プロテニス選手の杉山愛)

似顔絵 池田マコト

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中