些末なネタを能天気にもちあげるばかり きちんと取材しろ!
<トランプ大統領来日報道>(民放各局)

印刷

   トランプが到着した午前10時過ぎ、筆者は新宿の甲州街道を車で西に移動していた。上り線の彼方に騒音が聞こえ、やがて近づいてきたのを見ると、左翼と右翼の街宣車だった。左翼の方は今時「まだ生き残っていたのか」と目を丸くした「全学連」の旗を掲げていて、右翼の方は「大日本一誠会」他の日の丸を張り付けた車列だ。スピーカーでがなりたてて意気軒高である。警官隊が一列に横並びをして、押し合いへし合い規制している。何故か最後尾には「大江戸温泉物語」とド派手な「ゆ」の宣伝絵が描いてある巨大バスが連なっていて可笑しかった。要するに、日本国の東京でも、巷では、そこそこトランプ反対運動や、ヨイショ・グループの動員はあったのである。しかるに日本のテレビの能天気さは・・・度し難い。
   ニュースからワイドショーまで、民放全局がトランプ大統領、その前のイバンカ補佐官、安倍晋三の提灯持ちに終始した。全く、「全学連」のデモ行進や右翼の街宣車などのアジテーションはチラリとも報道されなかった。昼食は巨大なアメリカ牛の入ったハンバーガーで、夕食の高級鉄板焼き店での献立は、伊勢海老? ステーキはトランプの好みのウェルダン? だと。これのどこが報道か?
   イバンカが着ていたコートは〇十万円したとかはどうでもいい。とっかえひっかえ着替えた服よりも、補佐官の仕事内容が何かぐらいはきちんと取材するべきだ。全世界からバカにされるだけだった。
(放送2017年11月5日~7日)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中