対照的な相方で組む「にゃんこスター」に密着 ネタを増やさないと心配
〈櫻井・有吉THE夜会〉(TBS系)

印刷

   この日のゲストは10月1日の「キングオブコント2017」で準優勝に輝いた男女コンビのにゃんこスターとゴールデンボンバー。
   にゃんこスターは結成からわずか5か月。全くの無名だったが「キングオブコント2017」の翌日から出演依頼が殺到し、これまでに100本以上もの仕事をこなしてきたとか。2人の芸名が変わっていて、男性がスーパー3助、女性がアンゴラ村長と名乗る。この一風変わった芸名の由来が気になったが、番組内ではとくに説明もなかった。
   番組ではそんな2人に密着。今年10月に事務所に入ったばかりなので、まだ給料が貰えず、忙しくてバイトも出来ず、今が一番経済的に苦しいとかで、三助の所持金はたったの376円。
   一方、相方アンゴラ村長は、両親から月15万円を貰っているとのこと。2人が実はつきあっているというのも話題だが、コンビの頭脳は、11歳年下で芸歴3年のアンゴラのほうというのも面白い。番組では「キングオブコント」の"リズムなわとび"ネタも披露したが、ずっとこのネタだけでやっていくつもりだとしたら、さすがに無理がある。アンゴラはパット見、可愛いし、意外にも(!?)早稲田大学卒業の才女ということなので、いずれインテリ芸人としてクイズ番組などでも重宝されるかもしれないが、三助はつぶしが効かなそうで心配。ところで、今年の「キングオブコント」の優勝者・かまいたちのほうは、さっぱり見ないが大丈夫なのか!?
(放送2017年11月9日22時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中