小池百合子「希望の党」代表辞任!今度は都政専念だって・・・都民は受け入れるか?

印刷

   小池百合子・東京都知事はきのう14日(2017年11月)、希望の党の両院議員総会で、代表をやめると表明した。党の立ち上げから50日。衆院選で政権を取るどころか、第2党にもなれなかった厳しい結果から当然の結論でもある。真意を問う記者に「都知事としてまず都政を。希望の党の議員の皆さんと連携しながら、日本にとっても東京にとってもいい方向になるよに」「最初に想いを込めて作った政党なので、国政の政策にもリクエストを出していきたい」と話した。都政に専念するということだ。

葛飾区議選「ファーストの会」惨敗

   その後の「都民ファーストの会」の政治資金パーティーでは、「都民ファーストの精神を忘れずに、都民の皆さんのために働いていく。みんなそうでしょ?」と盛り上げを図った。しかし、12日(2017年11月)に行われた葛飾区議会議員選挙では、都民ファーストから立候補した5人のうち4人が落選した。もはや、小池旋風はどこにも吹いていなかった。

司会の国分太一「衆院選惨敗から3週間。なぜこのタイミングなんですか」

   政治評論家の有馬晴海氏は「創業者ですから、選挙後も責任を持って続けるとしていましたが、葛飾で5人出て1人しか当選しなかったという勢いのなさを限界と感じたのではないでしょうか」と見る。

玉木雄一郎新代表で党分裂含み

tv_20171115151734.jpg

司会の真矢ミキ「そもそも小池さんは何をしたかったのでしょうか」

有馬氏「国政政党を作るということは、単に議員を当選させるんじゃなくて、自分が何かをしたかったんでしょうが、出る状況になかったですよね」

   「ビビット」が行ったアンケートでは、小池氏の党代表辞任に賛成は28%、反対8%に対して、「どちらでもいい」が64%だった。新代表には小池路線の継承を表明している玉木雄一郎氏が就いたが、代表選では憲法9条改正に反対する大串博志氏がかなり得票だった。希望の党は小池知事が抜けたことでいよいよ分裂含みだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中