2019年 6月 18日 (火)

クドカン本領発揮で抱腹絶倒また絶倒!歌舞伎をヒントに巧みな仕掛け
<監獄のお姫さま 第1回~第5回」(TBS系)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   鳴り物入りのクドカン・ドラマ。今回はドタバタ変化球である。出てくるオバサンたちが、殺人未遂、所得隠しと脱税、薬物中毒、違法薬物不法所持、横領と詐欺、の前科者ばかり。第1回はEDOミルク社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)の1人息子・勇介を誘拐する場面で面白くなかったのだが、回を重ねるごとに本領発揮である。
   第5回は吾郎の子を身ごもって監獄内(冤罪らしいが)で出産した江戸川しのぶ(夏帆)が、1歳半まで手元で育てられるという規範を適用し、同室の女6人で育てるてんやわんや。馬場カヨ(小泉今日子)ほか全員が母性に目覚める。「自立と再生の女子刑務所」のディテールが、言っちゃ悪いが抱腹絶倒で、刑務官・若井ふたば(満島ひかり)の杓子定規な命令口調や所内での行動や決まりの様々がおかしい。時空が2012年と現在を行ったり来たりしてわかりにくかったのだが、5回目にしてやっと意図が判明してきた。
   恐らく地肌には薄くファンデーションは塗っているらしいが、囚人なので建前上、スッピンということになっているから、あの、小泉今日子でさえくすんだ中年のオバサン顔である。誘拐されたチビの勇介にまで「クソばばあ」と言われて、またまた抱腹絶倒だ。
   役者で1番つまらんのは伊勢谷友介。しのぶが板橋吾郎に絶対に秘密にしていた子供・勇介を、預けた自分の母親に騙されて、連れていかれる場面は、さては宮藤官九郎、歌舞伎からヒントを得たナ。(放送2017年11月14日22時~)

(黄蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中