2018年 7月 23日 (月)

田中将大びっくり発言!「奥さん、きょう、お通じありました?」って・・・

印刷

   「あさイチ」にニューヨークヤンキースの田中将大投手がゲストで出演しているだけでも異例なのに、「奥さん、きょう、お通じありましたか」なんてとんでもないことを聞く。オイオイ、大丈夫か、マー君。

   年間1万人の腸を診察する医師の小林暁子さんは「最近、腸の動きが悪い停滞腸の方々が増えています」と警告する。停滞腸は腸の蠕動運動が低下する症状で、便秘女子の多くに見られるという。溜った便は腐敗し、発生した有毒なガスは血液にのって全身に運ばれ、肌トラブル、アレルギー、がんなどの原因になる。

   この停滞腸に効果ありといま注目されているのがもち麦だ。スーパーなどでも見かけるようになったが、どんなものなのか。大麦の一種で、米にうるち米ともち米があるように、麦も粘りの少ないうるち麦とモッチリしたもち麦がある。このモッチリに食物繊維が豊富に含まれているのだ。食物繊維は善玉菌のエサになって腸内環境を整えたり、蠕動運動を促したりするが、もち麦にはごぼうやにんにくの2倍以上ある。

   いつまでも続く便秘の話題に、マー君がうなずきながら真剣に聞いているのがおかしい。

便秘解消の効果抜群「もち麦」!簡単に作れる茶がゆ

   では、もち麦はどう食べればいいのか。ここでフレンチの秋元さくらさん、日本料理の橋本幹造さん、中国料理の井桁良樹さんの「夢の3シェフ」登場となったが、橋本の「もち麦の茶がゆ」が家庭でも作りやすそうなので紹介しよう。

   材料(2人分)は「もち麦20グラム」「だし100ミリリットル」「ほうじ茶150ミリリットル」「塩ひとつまみ」。もち麦をフライパンでキツネ色になるまで煎り(中火で5分程度)、鍋にだしとこのもち麦を入れて中火で4分ほど煮たら、ほうじ茶を加え、塩で味をつけてひと煮立ち。

   味見した田中「ああ、炒った感じがあって、香ばしいですねえ」

   二日酔いの朝にもよさそう。              カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中