2019年 1月 18日 (金)

気象予報士・木原実、「頚椎損傷」の大ケガ負っていた 番組復帰は「まだ時間がかかりそう」

印刷

   気象予報士の木原実が24日(2017年11月)ブログを更新し、10月末に頚椎損傷の大けがを負い、手術をしていたことを明かした。

   木原は10月30日から、「news every.」(日本テレビ系)を欠席。約1か月ぶりの更新となった今回のブログで、

「10月の末に自分の不注意でケガをしてしまいました。これが、かなりの大ケガで頚椎損傷という診断でした」

と番組を欠席していた理由を明かした。けがを負った理由は明かしていない。

   手術後の経過については、

「まだ手が十分に動きませんが、リハビリのおかげで徐々に回復し、こうしてパソコンのキーも打てるようになりました」

としたものの、番組復帰については「まだ時間がかかりそうです」と伝えた。

   ブログの末尾では、

「またそらジローと天気予報が伝えられるよう精一杯リハビリに励みます」

と意気込みをつづっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中