2018年 7月 22日 (日)

ヘンテコリンなおじさんディレクターの正体は?なぜかジャズ番組しか制作しない

印刷

   先日、ロケ芸人コンビの千鳥さんが撮れ高の高い癖の強い素人さんの見極め方をかたっていました。主におじさんについてですが、それは「歯がない」「昼間から酒を飲んでいる」「カメラを向けてもタバコを吸い続ける」でした。確かに、検証VTRではたった1日のロケにもかかわらず、このキーワードで探すと面白いエピソードの持ち主ばかりでした。千鳥さんのおじさんを求める嗅覚の鋭さに舌を巻きます。

ジャズバーで人知れず熱唱

   ニヤリ、クスっとしてしまうこんおじさんが身の回りにいるだろうか観察してみると、いました。その方は複雑な模様が編みこまれたカーディガンを一年中着ています。パンツは常にツータックで、カーディガンを中に押し込むように履いているので、ボロボロになっているベルトも丸見え状態です。

   そして、この方、一応ディレクターなのですが、自分の好きな仕事しかしません。自分の企画でない押し付けられた仕事は外部制作会社に丸投げ。好きな仕事というのはジャズ番組です。旧知のミュージシャンを呼んでは番組を作るという彼にとって、趣味と実益を兼ねているのです。

   自分で歌うのも好きで、ジャズバーでスタンダードナンバーを披露しています。ジャズを歌うようになったのは、同居している年老いた母が好きだからだそうです。

転勤にも連れて行くお母さんファーストの50代結婚歴ナシ

   50代結婚歴ナシ、転勤のたびに母も一緒に連れて行き、家事はもちろん、洋服は今でも母がセレクトしたものしか着たことがないと言います。愛すべき母のためにジャズボーカルを習い、そこからはまっていったんだそうです。そんな事情を知ったAD君はおじさんを見る目が変わり、相変わらず仕事はできないけれど、まあしょうがない、お母さんが今夜もこのおじさんのために美味しいごはんを作って待っているんだからと、いとおしむ目になってしまったとか。

   みなさんの周りには、どんなおじさんがいますか。観察してみると意外と面白いかもしれませんよ。

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中