2018年 9月 21日 (金)

さんまの接待目的か! あまり知りたくもないエピソード満載
〈誰も知らない明石家さんま〉(日本テレビ)

印刷

   NG質問なしの独占ロングインタビューと、過去、さんまに助けられた芸能人たちによる「あの時、お世話になりました」というエピソードトーク。さらに、さんまと一緒に写真を撮った人を全国から募集し、その写真にまつわるさんまの"神対応"な話を再現ドラマとともに紹介し、芸能界を賑わした事件の裏にはいつもさんまの影が......と事件の当事者が証言。そして、さんまの青春時代を芥川賞作家・又吉直樹の脚本でドラマ化するなど、延々3時間さんまづくし。
    寄ってたかって、さんまをヨイショしまくり、ご本人はさぞや気持ちがよかったことだろう。面白いか面白くないか、といえば間違いなく面白いのだが、いまさら「誰も知らないさんま」になど興味もなく、周りの後輩芸人たちが露骨に持ち上げるのには引いた。
    そんななかで面白かったのはさんまに、「怖くないよね~、僕?」と訊かれた乃木坂46の生田絵理花が、「怖くない......おじいちゃん」とさんまをおじいちゃん呼ばわりしたこと。インタビューでも、「10年後、トップになってる芸能人は?」と訊かれ、誰かの名前を挙げるかと思いきや、「今、俺がトップやとしたら、10年後も俺」と答え、まだまだ若手には負けへんでー、なさんまもこれにはギャフン。
    セットは「行列のできる法律相談所」の流用で、出演者もほぼ「行列~」のレギュラーと番宣目的の俳優たち。制作費も安く上がって、さんまの接待も出来て、こんなご機嫌な番組はない!?
(放送2017年11月26日19時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中