2018年 9月 25日 (火)

カラテカ矢部、大ヒット漫画の記念品は「大家さんに差し上げたい」

印刷

   お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎が29日(2017年11月)ツイッターを更新し、自身初の漫画「大家さんと僕」(新潮社)の発行部数が「全部で11万部になりました!」と報告した。

   矢部の投稿によれば、新潮社では発行部数が10万部を超えると革で装丁した記念本が4冊つくられ、そのうち1冊は同社の本棚に飾られるという。これについて矢部は、「打ち合わせの度に見るその本棚を憧れていました」とした上で、

「著者は2冊頂けるそうで大家さんに差し上げたいです!」

とコメント。作品に登場する「大家さん」にプレゼントする意向を明かした。

   「大家さんと僕」は、矢部が住むアパートの大家との交流を描いたエッセイ漫画。ほのぼのとしたタッチの絵柄と、心温まる大家とのエピソードで人気を集めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中