2018年 9月 24日 (月)

鳥取県警「相撲協会の処分」捜査に差し支えなし!理事の問い合わせに回答

印刷

   きのう11月30日(2017年)の相撲協会理事会は異例ずくめだった。理事がその場で鳥取県警に電話して、日馬富士の傷害容疑の捜査状況を確かめると、「そちらの判断でさしつかえない」という回答だった。すると、貴乃花は「それなら私は(相撲協会の調査に)協力しません」とあくまで拒んで持ち越しとなった。警察の捜査優先というわけだ。

   普通なら30分ほどで終わる理事会が3時間半に及んだ。相撲記者クラブ会友の銅谷志朗氏は「まだ終わらないのかという感じだったですね。険しい雰囲気だったのでしょう」と推測する。

   吉永みち子(エッセイスト)「貴乃花と協会がお互いに不信感を持っているんでしょうね。被害者側である貴乃花が責められるという、あり得ない状況が起きていますから」

tv_20171201114015.jpg

   長嶋一茂(スポーツキャスター)「日馬富士と貴ノ岩のケンカが、協会と貴乃花のケンカになってきた」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中