2018年 9月 26日 (水)

貴乃花がホントに言ったの?「日馬富士は辞める必要なかった。何かの陰謀」

印刷

   日本相撲協会はきのう30日(2017年11月)に理事会を開き、その後、危機管理委員会の高野利雄委員長が、貴ノ岩の聞き取りがないため、「事件の中間報告」をした。

   発端は9月の秋場所にさかのぼる。都内の飲食店で休場していた力士を見かけた貴ノ岩が、「休場中なのに」と文句をつけ、粗暴な言い方だったため客とトラブルになった。この話は白鵬の耳にも入っていた。

   10月25日、事件があった日は、貴ノ岩らの出身校である鳥取城北高校の関係者が激励会を開いたが、その場に白鵬以下の3横綱もいた。会の終わり頃、白鵬が前記のトラブルで貴ノ岩に説教を始めたのを、日馬富士がかばって収めたという。

日馬富士も最初はかばっていたが・・・

   そして二次会。白鵬が貴ノ岩、照ノ富士に「世話になった高校の先生方の恩を忘れないように」と説教していた時、貴ノ岩がスマホをいじっていたので、日馬富士が注意すると、「彼女からのメールです」と意に介さなかった。

tv_20171201123051.jpg

   日馬富士は怒り、「なんでそういう態度をとるんだ。謝れ」と顔を殴った。貴ノ岩はにらみ返し、謝りもしなかったため、日馬富士がさらに平手で十数回、テレビのリモコンで頭を数回殴った。

   「ビビット」は貴乃花親方の友人の話として、「日馬富士は辞める必要はなかった。何かの陰謀に追い込まれた」などと話していると伝えた。

   司会の国分太一「衝撃的な内容ですね。なぜいま語り始めたのか」

   テリー伊藤(タレント)「彼(貴乃花)の言う改革とは何なのかね」

   加藤シゲアキ(タレント)「貴ノ岩もかなり問題があったのでは......」

   まるで井戸端会議だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中