ヅカジェンヌ見られる貴重な番組 立川らく次の解説無用
〈TAKARAZUKA CAFE BREAK〉(TOKYO MX)

印刷

    ヒット番組を連発し、すっかりメジャーになったテレビ東京の代わりに、ローカルな香りをプンプン出して、自由にやっているように見えるのがTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)だ。
   マツコ・デラックスを世に排出した「5時に夢中!」や、その姉妹番組のような「バラいろダンディ」のような生ワイドショーが話題だが、実はこの「カフェブレイク」の人気は高い。なんたって、地上波でヅカジェンヌを見られる貴重な番組なのだから。
   この日の放送は、先日退団した宙(そら)組のトップスター"朝香まなとさよならショー"をはじめ、花組の次回公演「ポーの一族」制作発表や現在、東京宝塚大劇場で「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)」を公演中の星組トップ紅ゆずるらによる初日会見など、盛り沢山な内容だった。
   祖母の代から3代続く宝塚ファンの筆者も、毎週欠かさず見ている。同じくヅカファンの元フジテレビアナウンサー中井美穂がファン目線でジェンヌとトークするのが微笑ましくもあり羨ましくもある。それはよしとして、気になってしょうがないのが、途中で出てくる立川らく次とかいう落語家だ。宝塚に造詣が深いということで、舞台の内容やゲストについて説明する役を担っているのだが、正直、大したことも言ってないし、この時間がもったいない。それなら、もっとジェンヌの話や舞台映像を見せてくれ、と言いたい。(放送2017 年12月1日11時~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中