2018年 11月 19日 (月)

今シーズン最強クラスの寒波来襲 けさの東京は4.9度 ダウン、マフラーで防寒

印刷

   「きのう11日(2017年12月)は、東京は暖かかったのですが、きょうから寒くなるらしいですよ。今シーズン、最強クラスの寒波が来ます」と司会の小倉智昭が伝える。「一番寒い時の1月下旬から2月ぐらいに入ってくる第一級の寒波が流れ込んでいます」と気象予報士の天達武史が説明する。

   北九州市では、きのう雨粒が雹になって地面を叩いた。福岡市では強風でケガ人はなかったが、縦横50メートルの鉄製の足場が倒壊した。

   東京のけさは何度ぐらいか。フジテレビ前にいる木下康太郎アナによると「気温は4.9度、乾燥していて湿度は37%です。きのう暖かかったので、本当に寒く感じます。風が強いので風が通しにくいダウンを着て、マフラーをしている方が多いですね」。

   小倉「乾燥していると、火災が心配ですね。火のもとには注意してください」

ラニーニャ現象で寒い冬になる

tv_20171212125138.jpg

   気象庁がきのう、「6年ぶりにラニーニャ現象が発生しているとみられる」と発表した。ラニーニャは南米・ペルー沖の海面水温が低くなる現象で、日本上空では偏西風が南に下がり、シベリアからの寒気が流れこみやすくなる。このため来年(2018年)春まで平年より寒い日が続く可能性が大きいという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中