2018年 5月 23日 (水)

6歳老けて見える「カサカサ唇」リップクリームは食事前に塗れ

印刷
 

   佐々木彩アナが同じ写真を2枚並べて、東京・銀座で「どっちが老けてみえるか」を50人に聞いた。2枚の写真で違うのは、唇が「ぷるぷる」か「カサカサ」かだけだ。結果は、予想通り、48人が「カサカサ唇」だと年を取ってみえると回答した。

 

   ある女性は「顔まで暗く見えますよね。逆に唇がぷるぷるだと、顔もピチピチな感じになりますね」と話した。

食事の前にまんべんなく

 

   民間の調査でも、唇が荒れていると、4~6歳老けて見えるという。対策はリップクリームで、東京・渋谷の皮膚科医・吉田貴子さんが「正しい塗り方」をアドバイスした。

 

   「全体にまんべんなく塗ってください。口のわきの部分までしっかり塗ってください。ここから割れやすいですから。塗るタイミングは食事の前。辛いものや塩気が刺激になって荒れてしまいます」

 

   口紅を塗る時も、その前にリップクリームを塗る。口紅の刺激から守るし、口紅を落とすときに乾燥するのを防ぐからだ。

 

   佐々木アナ「リップクリームにもいろいろ種類はありますが、吉田先生は刺激が弱い流動パラフィンのものがおすすめ出そうです」

 

   リップクリームを塗ってもいつまでも乾燥していたり、皮膚がはがれたりするときは、別の疾患かもしれない。「皮膚科を受診してください」(佐々木アナ)

              

カズキ

             
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中