2018年 11月 14日 (水)

後輩芸人を光らせる内村、「紅白」の司会が楽しみだ
〈内村てらす Season2〉(日本テレビ系)

印刷

   内村光良のMC番組。内村がもっと光るべき芸人にスポットライトを当て、その魅力に迫るもの。昨年1月にスタート、今年4月からは「Season2」としてロケ中心になった。アシスタントは中島芽生アナ、DJてらす役でトレンディエンジェル斎藤司がいる。
   この日は「女芸人だけのクリスマスパーティー」と題し、今、売出し中の個性派女性芸人・尼神(あまこう)インター、ゆりやんレトリバァ、ガンバレルーヤの3組が出演。今年1年の出来事を振り返り、内村にテッパン芸をプレゼントするものだった。
   進行の中島アナが「news every.」に出演中ということで、代役を務めたのは尼神インターの誠子で、意外にもソツなく進行していた。尼神インターは結成2007年の10年コンビ。関西ではすでに活躍し、レギュラー番組もいくつも持っており、進行などはお手のものなのだろう。ガンバレルーヤも結成5年目、ゆりやんも同期で、3組とも最近見掛けるようになったと思っていたが、関西ではすでに売れている芸人たちだ。このあたりが吉本芸人の強みといえる。
   ゆりあんは先日行われたこの世で一番オモシロイ女性を決める「女芸人№1決定戦 THE W」で見事優勝。この日も得意のピアノを使ったネタで内村を笑わせていた。この番組がいいのは内村が前に出ないこと。関西芸人がMCだったりすると、後輩よりも自分が目立とうとするが内村は違う。年末の「紅白」の司会も楽しみだ。

(白蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中