2018年 12月 14日 (金)

「ぼったくり」の悪評高いゲーム店 潜入取材で騙されても行く客の心理が明らかに

印刷

   絶対に取れないように細工したクレーンゲームで、荒稼ぎをしていたゲームセンター運営会社の社長ら6人が昨日(2017年12月24日)、大阪府警に詐欺容疑で逮捕された。わかっているだけで被害は36人から約600万円に上る。店員の殺し文句は、「諦めたら、これまで賭けた金がもったいない」だった。

   逮捕されたのは、大阪・浪速区のゲームセンターの社長(33)ら。景品に電動自転車やミニセグウェイ、入手困難なフィギュアなど、最高数万円のものを表示、ことば巧みに客を誘い込み、一方でゲーム機に細工をして、絶対に景品が取れないようにしていた疑いだ。

   警察に寄せられた被害相談だけでも36人、被害総額約600万円になるが、以前からこの店は「ぼったくり」の評判が高かったことから、隠れた被害は相当なものになるとみられている。

「あそこから景品を持って出てきた人、見たことない」

   近所の人は、「あそこから景品を持って出てきた人、見たことない。客がすごい顔をしてATMに走って行くと、それに店員さんが付いていく」という。またここで遊んだ客は「1人1万円くらい使ったけど、全く取れない。それでも(店員が)取れるから取れるからと。最後はみんなお金なくなって帰った」という。

tv_20171225130405.jpg

   こうした「ぼったくり」の評判は5月頃からネットに出るようになり、ユーチューバーのジョーさん(26)が、実際に訪れてみたとき(潜入取材)の映像があった。

   店員「こういうゲームしたことあります?」

   ジョー「初めてです」

   店員が「この券を使ったら1プレー料金で3回できる」「ほんまに上手かったら、1プレー料金でもゲットできちゃう」と無料券を渡し、ゲームに誘い込む。しかし、一向に景品が取れない。

   このゲームは、クレーンの棒を指定の穴に入れれば、景品がもらえる仕組みだ。ワンプレイが500円だが、景品がiPadだのミニセグウェイだのと値のはるものが揃っているので、ついつい引き込まれる。

   ジョー「ミニセグウェイ取った人いるんですか」

   店員「結構います。残り台数めっちゃ少ないんです」

   手口はまず、店員がやって、うまいこと穴に入れてみせる。しかし、その後密かに機械の設定を変えて、絶対に穴に入らないようにする手口だった。ジョーさんの取材の映像に、店員が機械のスイッチを操作するところが映っていた。

   ジョー「ラスト1000円分だけやって止めるか」

   取材仲間「金がなくなる」

   店員「これドンキで3万円です。損はせんと思います」

   ジョー「迷いどころ、これ以上は」

   店員「そうっすよ。だから逆に取らなもったいないっすよ」。これが殺し文句だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中