2018年 8月 16日 (木)

アキレス腱太い人は要注意! 若くして心臓病発症するおそれあり

印刷

   井ノ原快彦キャスター「今日は心臓病についてです。なぜ今やるかっていうと、12月から2月、この冬の時期に亡くなる方が最も多いということなんです」

   狭心症や心筋梗塞は高齢者の病気と思われがちだが、40~50代でも発症する。特に「家族性高コレステロール血症」の人は、若くして心臓病にかかる可能性が高い。

親・祖父母・兄弟の病歴確認を

   「家族性高コレステロール血症」とは、生まれつきコレステロールの値が高く、血管の壁にコレステロールが溜まり続ける病気だ。日本には30万~60万人いると言われている。

国立循環器病研究センター研究所の斯波真理子さん「(家族性高コレステロール血症の人の心臓病のリスクは)13倍くらい上がると言われています。私どものデータでは、女性だと平均で58歳で発症してしまう」

   日本動脈硬化学会では、悪玉コレステロールの値が140以上を脂質異常症と定めているが、家族性高コレステロール血症の人は、悪玉コレステロールの値を100未満に抑えなければ、動脈硬化が進んでしまう。

ゲストの三田寛子さん(タレント)「家族性ってことは、家族みんなその病気ということですか」

斯波さん「親が家族性高コレステロール血症だと、子供は2分の1の確率でこの病気になります。みんなが遺伝するわけではありません」

   大人はこの病気かどうかをアキレス腱で見分けられる。足に力を入れていない状態でアキレス腱をつまみ、太さが2センチ以上だと家族性高コレステロール血症の可能性がある。

   そのほか、悪玉コレステロールの値が180以上、2親等以内(親・兄弟・祖父母)の家族のうち、男性は55歳未満、女性は65歳未満で狭心症や心筋梗塞を発症した人がいる場合、この病気の可能性が高い。

   適切な治療を受ければ動脈硬化を防ぐこともできるので、心配な人は日本動脈硬化学会のサイトから近くで受診できる施設を調べてみよう。

ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中