西宮市長あきれた暴言「殺すぞ!」 質問気に入らないと読売記者に脅し

印刷

   兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)はきのう4日(2018年1月)、年頭あいさつで5月の市長選不出馬を表明した後に、真意を聞こうとした読売新聞記者に「殺すぞ!」とすごみ顰蹙をかっている。

   市長はこの後も「おまえ、あんだけしゃべったやろ」「寄るな、このクソガキ」「なにが取材やねん」「支局長にオトシマエつけさす」「(エレベーターに)入ってくるな、ボケ」などと怒鳴りまくった。今村市長は市会議員を経て1999年に市長に初当選した。「2期、3期はやりたい」と語っていやが、にわかに1期で引退すると表明したため、記者は真意を尋ねたものだった。

   読売新聞大阪本社は「取材活動は公正に行われた。不穏当で威圧的な言動で、報道機関として看過できない」としている。今村市長は自身のブログで「引退を決めた政治家に怖いものはない」と開き直っている。

中高生を前に「高校時代は授業抜け出してたばこ吸ってた」

tv_20180105121809.jpg

   今井市長はこれまでも、中高生向けのイベントで「私の高校時代は授業を抜け出してタバコを吸ったり、麻雀をやったりしていた」としゃべって、市議会で撤回を求められたことがある。また、これを追及した女性議員を「ピンクの服着て『お下品ざあます』と言っているださい女性教師みたいだ」とからかうなど、たびたび物議を醸していた。

   司会の小倉智昭「殺す気はないと思うけどね。昔はこの程度はニュースにならなかった。時代が変わった」

   たしかに政治家と記者のケンカ腰のやりとりはあるが、「殺すぞ」なんて乱暴な物言いはなかった。梅津弥英子キャスターも「もう少し聞きたいという記者に、あそこまで言うのですかね。オトシマエとかは、どうなんだろう。自己プロデュースができていないのでは」と疑問を呈した。

   ニュースデスクの笠井信輔「批判されてもしかたない状況ではないですか」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中