「セクハラ撲滅」黒ドレス女優陣の中で注目の人 また激太りから激やせのマライア・キャリー

印刷

   きのうの8日(2018年1月)、第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開かれた。女優たちは、いまハリウッドで騒動となっている「セクハラ問題撲滅」のシンボルとして黒色のドレスを着て参列した。

   そんななか、もうひとつの驚きだったのが、プレゼンターをつとめた歌手のマライア・キャリーだった。昨年(2017年)、激太りで体重が120キロにもなるなどと報じられていたが、「マライア、やせましたねー」と、ハリウッド事情にくわしいという村上あい・Tech insight編集長もびっくりしていた。

「マライアは今、キャリアもプライベートも体形も絶好調」

   「セクハラ撲滅」に賛同してマーメイドスタイルのブラックドレスを着て登場したマライア。

   村上編集長「体にピタッとしたドレスをあえて選んだのは、『やせたでしょ、ワタシ』と、引き締まった体を見せつけたかったんだと思います。いま、マライア・キャリーは、キャリアもプライベートも体形も絶好調なんです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中