2018年 7月 18日 (水)

とくダネ!・内野泰輔アナ「福男選び」走った!TV画面にも写らぬ惨敗

印刷

   1月10日は新春お馴染の兵庫県・西宮神社の開門神事「福男選び」だ。「とくダネ!」は毎年のように若手のアナウンサーを参加させる。今年(2018年)は25歳の内野泰輔アナが挑戦した。しかし、福男どころか、テレビ画面に写りもしなかった。

   司会の小倉智昭「いつもは木下康太郎アナウンサーが出るのですが、きょうは、なぜかスタジオにいます。やめたの?」

木下「毎年、期待されているのですが、結果が残せなくて、内野アナウンサーに託しました。僕の分まで走ってもらおうと思って」

西宮神社本殿まで230メートル「あっという間でした」

tv_20180110120911.jpg

   内野は前夜から神社に待機し、まずは位置を決めるくじ引きをする。福男レースは赤門から本殿まで約230メートル走るが、スタートの赤門のすぐ後ろのAブロックにいないと上位に入るのは難しい。そのAブロックには108人の枠があるが、内野は「外れたあ」と相当後ろになってしまった。

   これでははじめから無理だ。終わって「あっという間でした。運も実力に必要ですね。でも達成感はあります」

小倉「それにしても、走る場面がどこにもなかったじゃないか」

一番福は高校3年生の陸上部選手

   今年の一番福になったのは高校3年生の佐藤玄主(くろす)さん(18)。途中から周囲をごぼう抜きにして、ガッツポーズで本殿に飛び込んだ。高校の陸上部員で得意種目は200メートル。ベスト記録は21秒66というから速いわけだ。今年の目標は「とにかく勉強で頑張ります」

海老原優香アナ「小倉さんも陸上部だったのでしょ。来年どうですか、福男」

小倉「あまりにも無謀!」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中