メルカリの責任どこまで?「出品者とは連絡取れてる」大量の振り袖・帯

印刷

   晴れ着の販売・レンタル会社「はれのひ」のものとみられる振袖や帯などが、ネットの通販サイトに大量に出品されていたことがわかり、計画倒産や詐欺の臭いが濃厚になっている。メルカリは「法人利用」の疑いがあるとして、9日(2018年1月)から非公開にしている。

   運営会社は「メルカリ上で『振袖』を複数出品しているアカウントが、『はれのひ』の関係者ではないかという憶測がなされておりますが、現時点で確認されておりません」とのコメントを出した。出品者とは連絡が取れており、ヒアリングを続けているという。

   楽天が運営するフリマ「フリル」でも似たような振袖が大量出品されていたが、こちらも非公開となっている。

八王子だけで被害額7000万円超

   おととし(2016年)に「はれのひ」で振袖を購入し、着付けて写真も撮っていた女性は、総額45万円の半分は支払い済みだった。メルカリに「自分の振袖はないか」と必死に探したが、あまりにも大量でわからなかったという。ツイッターに写真を添えて「見つけたら教えて」と書き込んでいる。同じような書き込みと写真が続々と投稿されている。

tv_20180111145728.jpg

   八王子市消費生活センターは特設窓口を設けて相談にあたっているが、きのう10日午後までに550件、その後さらに増えて790件になった。被害総額は八王子市だけでも7000万円を超えるという。

   司会の羽鳥慎一「出品がが『はれのひ』と関連するかどうかはまだわかっていないんですよね」

   宇賀なつみキャスター「被害は卒業式の袴や来年、再来年の成人式用の予約にまで及んでいます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中