スキージャンプ「平昌五輪」代表内定!髪バッサリ切った高梨沙羅「スッキリして金ねらう」

印刷

   平昌オリンピックのスキージャンプ男女代表選手が内定した。高梨沙羅は髪を20センチ以上も切った。「2017年の後悔したこと、失敗したことをすべて置いて行こう。2018年は勝負の年。スッキリした状態で臨みたかったので切りました」と話す。

   今シーズンはW杯でドイツのカタリア・アルトハウス選手とノルウェーのマーレン・ルンビ選手に金、銀メダルを独占され、高梨、伊東有希選手は銅メダルのみといまひとつ調子に乗れていない。この週末の13、14日(2018年1月)に札幌で行われるW杯札幌大会で不調を断ち切れるか。平昌オリンピックの前哨戦となる。

   司会の加藤浩次「これまでのW杯の結果が五輪に繋がるとは限りませんよ」

レジェンド葛西「まさかの8回目だが、10回まで頑張る」

tv_20180112145655.jpg

   海外で転戦中の葛西明紀選手は所属チームを通じて、「まさか8回もオリンピックに選ばれるとは思っていなかった。ここまで来たら8回、9回と言わず、切りよく10回目を目指そうと思います。まずはこの平昌五輪でメダル獲得を目指し、悔いの残らないオリンピックにしたい」

   加藤は「すごいねえ。期待したい」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中