2018年 11月 14日 (水)

藤井聡太4段がまた快記録 中学生が名人に勝ったのは史上初!

印刷

   中学生棋士、藤井聡太4段(15)がまた記録を打ち立てた。昨日(2018年1月14日)名古屋で行われた「朝日杯将棋オープン戦」の準々決勝で、佐藤天彦名人(29)を破った。中学生が名人に勝ったのは史上初だ。次の準決勝の相手は、永世7冠の羽生善治・竜王(47)だ。

   このトーナメントは、持ち時間40分の早指し戦。藤井4段には得意の型だったが、中盤から次第に優勢になり、121手で佐藤名人が頭を下げた。見守る観衆からは大きな拍手が起こった。小学校の文集に「名人をこす」と書いた藤井4段は、プロ2年目でこれを達成した。

次の相手は羽生善治・竜王、「いい将棋をお見せできれば」

tv_20180115112243.jpg

   次の対戦相手の羽生竜王について藤井4段は、「将棋を始めた頃からのあこがれの存在でしたので、対戦できるのは嬉しい。いい将棋をお見せできればと思っています」と淡々と語った。

   今大会には、プロ棋士162人、アマ10人、女流3人が参加。一次予選、二次予選を勝ち抜いた16人で本戦が行われるが、本戦までに藤井4段は7回勝ってきた。ここまでになると、羽生竜王、久保利明・王将、渡辺明・棋王など高段者がずらり。4段は藤井さんただひとり。本戦で1回勝っているので、これで9勝だ。

   羽鳥慎一「すごいですね」

   石原良純「プロ棋士というのは紙一重で戦っている。早指しが得意といっても中学生が名人に勝っちゃうなんて......」

   住田裕子「淡々と落ち着いて......力もあるんでしょうけど」

   羽鳥「次が羽生さん。これまでは1勝1敗」

   玉川徹「上の方へ行かないと、羽生さんとは当たらないから。公式戦では初めてなんでしょ」

   羽鳥「名人の次が竜王。8つあるタイトルの中で1、2位ですからね」

   石原「賞金は?」

   羽鳥「優勝賞金は750万円」

   石原「対局料もあるんでしょ」

   羽鳥「何十万円の単位です。2局だから、掛ける2」

   玉川「中学生のバイトだと、10年分くらいになる」(笑)

   羽鳥「次が楽しみです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中