2018年 11月 15日 (木)

ものまねダメダメの櫻井翔が、ガッキー、井上陽水、宮崎駿に変身

印刷

   「嵐にしやがれ」(2018年1月13日夜9時~・日本テレビ系) 「隠れ家ARASHI」コーナーに「最強モノマネ軍団」を自称する物まね芸人6人がゲストで登場。迎えるのは、ものまねダメダメ、すべってばかりで苦手意識が半端ない櫻井翔。沙羅、JP、メルヘン須長、ジーニー堤、神奈月、ホリが手取り足取りものまねを伝授していく。

   まずは誰でもできるというゴジラの音まね。これはエコーをかけたマイクに、ハンカチを巻いて口いっぱいほおばりながら声を出すというもの。確かに声はそっくりだが、顔つきはアイドルには許されない放送事故クラスの変顔に一変してしまった。

ネットでは櫻井・新垣双子説が流れるほど似ている2人

   お次は女優のものまねが得意な沙羅の出番。櫻井に「顔のパーツがガッキーと一緒」と指摘。ネットでは、櫻井・新垣双子説が流れるほど話題になっているとか。さっそく新垣結衣の顔まねをレクチャーする。ガッキー風の黒髪ボブカットのかつらを装着。ホリが「カワイイ!」と持ち上げると、櫻井は「ちょっと髪伸びた櫻井翔だよ!」とテレながら自虐コメントをポロリ。

   沙羅から、ガッキーに似せるポイント「口をつぐんでキョロキョロする」「振り返りざまニコッと笑う」「クシャッとした笑顔」を教えられ、さっそくトライ。周囲の「カワイイはカワイイよ」と褒められたのが効いたのか、女装に対するテレも消え、生き生きとした表情に変わっていく。沙羅と「あっち向いてホイ」ならぬ「あっち向いてガッキー」で、3つのキメ顔を競い合い、大いに盛り上がった。

   神奈月とホリが小道具を使ったものまねを伝授 。アフロヘアーのかつらにサングラスの小道具をつけ、ゆっくり振り返るだけでそっくりというのが、井上陽水。白髪のかつらに眼鏡と髭で宮崎駿監督に。小道具を使うことによって、本来の自分の姿を消してなり切ることを学習する。ものまねを披露しては、すべってばかりだった櫻井にとっては、得難い成功体験となる。

   「この時間、超楽しい」とニコニコ顔に。ツルツル頭のかつらをつけ、武藤敬司のものまねに挑戦。神奈月が「あれ? 俺よりも似てる?」と目を疑うそっくりさんが出来上がった。すっかり気を良くした櫻井、カメラ目線で武藤のポーズをビシッとキメてみせ、ニヤリ。神奈月は櫻井の意外なものまね上手ぶりにすっかり脱帽。すかさず「これはね、今すぐ(モノマネ道具を)買い取ったほうがいい」と勧めるなど、舌を巻くありさまだった。結論:櫻井翔は褒められると大いに伸びるタイプのようだ。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中