2018年 11月 19日 (月)

尾木ママ「やっぱり横綱には全員元気な姿を見せてほしい」 稀勢休場には「怪我さえなければ、、」

印刷

   「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏が19日(2018年1月)ブログを更新し、相次ぐ横綱の休場について言及した。

   大相撲初場所5日目の18日、横綱・稀勢の里は平幕・嘉風に敗れ、早くも4敗目という結果となった。尾木はこの取組に対し、「う~ん !昨日の負け方は辛すぎましたーー あんなに土俵下まで 転げ落ちるなんて」と感想を述べ、「下半身がもろいなぁ~」と稀勢の里の敗戦について分析した。

   この取組後、稀勢の里が5場所連続休場を決断したことについて、尾木は「残念」とコメントするも、「横綱らしくない」という世間からの声に対しては、

「でも でも 一生懸命にがんばっている律義さは誰もが認めるところ、、 怪我さえ無ければ、、って考えさせられます」

とフォローした。白鵬に続く稀勢の里の休場によって、残る横綱が鶴竜のみになったことについては

「結局鶴竜だけの一人横綱 白星街道を『横綱相撲』で驀進しているので辛うじて 辛うじて、、」

とコメントしたうえで、

「やっぱり横綱には全員元気な姿を見せてほしいなぁ~」

と横綱たちへエールを送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中