2018年 9月 19日 (水)

元雅山 稀勢の里の現状分析「(怪我は)治ってない」「精神面で追い込まれてる」

印刷

   大相撲の二子山親方(元大関雅山)は19日(2018年1月)ツイッターを更新し、稀勢の里の休場について持論を述べた。

   二子山親方は

「治ってない状態で出場して勝てなく更に精神面で追い込まれてる感じ」

と稀勢の里の現状を分析。自身の経験にも照らしながら、

「しっかり治して強い時の稀勢の里で土俵に戻ってほしい」

と激励した。

   この投稿に対しては、

「稀勢の里、しっかり怪我を治してからでも遅くないと思うので、焦らないでほしいです。」
「私も寂しいです。復活してくれることを祈ります!」

など同意の声が相次いだが、一部では「次は休場でなくもう引退のつもりで」と厳しい声も寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中