2019年 11月 13日 (水)

火炎放射器を自作した20歳男を書類送検 ネットには4800件もの動画があふれる

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   神奈川・横須賀市に住む20歳の派遣社員が、自作の火炎放射器を公園で使用したとして、火気乱用の疑いで書類送検された。男はこれをネットで売ろうとしていたというが、そのために動画をネットにアップしたのが警察に見つかったというお粗末。でも、見つからなかったら、買う奴はいたのかも......。

   横須賀署が押収した火炎放射器は、全長約60センチ、重さ3キロ。スプレー缶、燃料メーターのようなものがついていて、灯油が噴射されて、炎を放つ仕組み。男は去年(2017年)の8月と9月に、横須賀市内の公園でこれを使用。炎が約2メートル吹き出す様子を動画投稿サイトに投稿した。

「ネットに載せて注目を浴びたかった」

tv_20180123130158.jpg

   これを動画のサイバーパトロールをしていた神奈川県警の警察官が発見。軽犯罪法違反(火気乱用)の容疑で書類送検した。公園のトイレや子供が遊ぶ遊具の近くで放射したという。

   男は、ネットで情報を集め、自分で作ったという。「ネットに載せて、注目を浴びたかった。ネットで販売したかった」と言っているという。また技術的には、「水鉄砲と構造がたいして変わらないので、難しくなかった」と言っている。自宅からは、別の火炎放射器も見つかった。

   確かにこの手の情報は多く、「モーニングショー」が「火炎放射器」を動画投稿サイトを検索すると、何と4820件もの動画があった。しかし、同時に書き込みもあり、「才能の無駄遣い」「何に使うんだそんなもん。消化器ならわかるが」と、まあまっとうなものから、「防護服とかも自作しないと危ない」といささか危ないものまであった。男が動画で投稿した画像は、深夜のものだった。

羽鳥慎一「誰もいないから、大丈夫だと......」

野上慎平「目立ちたい、という意識だったようです。あわよくば売りたかったと。しかし自分で作っていますから、危険もある」

   専門家によると、灯油が漏れると、放射器を持っている者も危険になるという。同種のものでは、農業用に火炎放射で雑草を焼くものがあるが、これは安全のために噴射口を下に向けた時しか噴射しない。水平だと止まってしまうという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中