2018年 8月 20日 (月)

本白根山噴石直撃受けた自衛隊部隊―御嶽山噴火では救助活動

印刷

   本白根山の噴火に直撃された草津国際スキー場は、都心から近いこともあって人気だ。ただ、噴火のあったきのう23日(2018年1月)は「前日の大雪で閉鎖したコースもあって、スキー客は普段の数十分の一だったそうです。時期によっては被害がもっと拡大した恐れがありました」(阿部祐二リポータ―)

   噴石に直撃され死者1人を出た自衛隊員たちは陸上自衛隊第12旅団のヘリコプター隊で、積雪地での救助活動の訓練中だった。3年半前の御嶽山の噴火では救助活動に参加していた。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中