2019年 11月 19日 (火)

春日野部屋で暴行隠蔽!弟弟子を夜中に拳骨制裁・・・懲役3年の有罪判決

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   大相撲の春日野部屋で兄弟子が弟弟子の顔を殴って大けがをさせ、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けて確定していたことが、きのう24日(2018年1月)に発覚した。春日野親方は相撲協会広報部長を務め、横綱日馬富士の暴行事件では「襟を正して、ちゃんとした報告を」と強調する担当者だったのだが、その当人が事実を隠し、協会は3年以上公表しなかった。

病院の診察も受けさせず

   大けがを負わされた元力士の矢作嵐さん(22)がきょう25日未明、「とくダネ!」のインタビューに応じた。2014年に18歳で春日野部屋に入ったが、夜に兄弟子から左右のあごを「グーパンチ」で殴られ、右のあごがずれた。2日後に部屋を逃げ出したことで、春日野親方は初めて事件を知った。病院に行かせてくれる約束で戻ったが、整体院に連れていかれただけだった。矢作さんは自分で大学病院へ行き、即入院となった。

   暴行から20日後に引退した矢作さんは今でもバナナのようなやわらかいものしか食べられず、味覚がないという。「協会はまったく動かず、何もしなかった。なかったことにしようとしたと僕はとらえました」と話す。兄弟子も翌年に引退した。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中