2018年 10月 21日 (日)

石原さとみ「新キャラ」に期待!仕掛けもくすぐりも悪くないのに間抜けな演出ちょっと残念
<アンナチュラル 第1回、第/2回>(TBS系)

印刷

   「逃げ恥」で当てた野木亜紀子のオリジナル脚本であるが、2話見たところでは結構面白い。だが、演出に間抜けなところもある。例えば第2話で、死体の1つが凍死とわかり、法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)と記録員・久部六郎(窪田正孝)が冷凍車を見つけて調べようと乗り込んだはいいが、扉を犯人に締められて車ごと池に落とされる。作り手のドジだ。普通、怪しいと思った車の中に無断で入るなら、1人は見張りをするか、扉が外から締められないように何かを挟んでおくとか、いずれにしても注意するはずである。まんまと閉められて死に損なう。2人そろって大間抜けである。
   しかし、不自然死究明研究所という発想はユニークであるし、第2話では、解剖の前に、「沢口靖子は忙しい」と他局の「科捜研の女」をパクって笑わせるセンスもある。石原さとみはTBSの初主演で、大いに期待されているのがわかるが、もう1つの班の法医解剖医・中堂系(井浦新)を、もじゃもじゃ頭のぶっきらぼうな変人に描き過ぎている。別に彼をエキセントリックに描く必要はないのだ。
   変死体の解剖件数が日本では格別に少ないそうで、東京オリンピックも近いし、激増する外国人の入国や不良ガイジンの跋扈もあり、現実社会に先駆けたこのドラマの意義は大いに買える。B級サスペンスのようなアリバイ崩しのためのテクニックなどはいらないので、「死体は語る」物語を色々と見たい。TBS頑張るの巻。(放送2018年1月19日22時~)

(黄蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中