2018年 11月 14日 (水)

冬ドラマ「ジャニーズ対決」松本潤リード、追いかける木村拓哉、亀梨和也は独自の戦い

印刷

   今冬のドラマはジャニーズの人気者3人の主演対決となっている。TBS系「99・9―刑事専門弁護士―」(日曜よる9時)は嵐の松本潤、テレビ朝日系「BG~身辺警護人~」(木曜よる9時)は元SMAPの木村拓哉、フジテレビ・関西テレビ系の「FINAL CUT」(火曜よる9時)はKAT-TUNの亀梨和也だ。それぞれの評判はどうなのだろう。

   初回の視聴率で見ると、「99・9」は15・1%、「BG」は15・7%と、さすがにキムタクが先輩の貫録を見せたが、2回は18・0%と15・1%で、マツジュンが逆転して大きく引き離した。「99・9」は前シリーズ(2016年春ドラマ)でも17・15%の高視聴率を上げており、キムタクがどこまで追えるかに注目である。

   近ごろはさっぱりドラマがダメなフジ系というハンディもあって、亀梨の「「FINAL CUT」はスタートからひとケタの7・2%で、2回6・5%、3回6・5%と低迷している。なんとか2ケタに近づきたいというのが目標といったところだろう。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中