2018年 5月 28日 (月)

GENKINGが体を女性に 手術を受けたことをテレビで告白

印刷

   中性的なタレントとして人気を集めていたGENKINGが29日(2018年1月)、フジテレビ系「ノンストップ!」で、昨年5月にタイで性別適合手術を受け、体も女性になったことを告白した。戸籍上も女性となり、本名を女性名に変更、「元輝」(げんき)から「沙奈」(さな)になったことを明かした。

  • 大切なお知らせがあるというGENKINGのインスタ(2018年1月29日)
    大切なお知らせがあるというGENKINGのインスタ(2018年1月29日)

戸籍も女性に、本名を「元輝」から「沙奈」に

   番組では「GENKINGテレビ初告白 女性として生きる決断」と題し、独占インタビューを行った。GENKINGは物心ついたときから性別の違和感を覚えていたそうで、差別的な言葉でいじめられていた。だが、小学4年の時に姉に金髪に染めてもらい、ファッションを変えてから目立つ存在となり、自信を深めていったという。

   その後、インスタグラムで「謎の美男子」として注目を浴び始める。テレビデビューしてからは「美男子で心は女性」という「ユニセックスキャラ」でメディアに出続けたたが、嘘をつき続ける日々に限界がきたという。2016年に心の安定を取り戻すためホルモン治療を始めると、胸が大きくなるなど体の変化に喜びを感じ、手術を決断した。 「6時間の手術を終え、目が覚めたら女の子になっていて、みんながおめでとうって...」と涙ぐんだ。

   29日には自分のインスタグラムで、「今からフジテレビ・ノンストップに出ます。私から大切なお知らせがあります」と発表した(写真参照)。フォロワーから「良かったですね~。でもちょっと残念」「お着物、左右逆ですよ~」「さなちゃん、似合う。素敵です」「黒革の手帖みたい」「これから自然体で頑張ってください。応援してますよ~」などの激励の声が相次いだ。「いいね!」も2万2000件以上に達した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中