GENKING「『女』として全て0からのスタート」 性別適合手術で「生まれ変わった」

印刷

   タレントのGENKINGは29日(2018年1月)インスタグラムを更新し、2017年に性別適合手術を受け、戸籍上の性別を女性に、本名を元輝から沙奈に変更していたことを明かした。

   「私GENKINGは、去年本来産まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました」というコメントから投稿を始めたGENKINGは、発表に至るまでの苦悩をつづった。

   芸能界で『ユニセックス系』と偽っていたことが、トランスジェンダーだった本来の自分との差を生んでしまい、性別の悩みが強くなっていたという。本来産まれるべき姿に戻るためにタイへ行き、性別適合手術を受けたことについては、

「私は生まれ変わった。感想は、『自分で自分を生んだ』っていう感覚(略)今は、『沙奈』としての新しい人生を歩んでいます。仕事、プライベート、恋愛。『女』として全て0からのスタートです」

とした。

   そして、これまで嘘をつきながら生きてきた「元輝」としての人生を1冊の本にまとめたことを告知。『僕は私を生みました』というタイトルで、29日に発売された。その上で、投稿の終わりには、

「これから、『沙奈』(芸名:GENKING)として頑張っていくので、見守って頂けたら嬉しいです」

と、今後の活動に対する意気込みをつづった。

   この投稿に対しファンは、

「元輝の人生から始まった沙奈ちゃんの人生、新しい毎日を応援しています」
「ひとりの女性として、もっともっと幸せになりますように。応援しています」
「自分が望んでなりたい姿を努力して手に入れた沙奈さんを、同じ女性として、人として尊敬します」

といったコメントを寄せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中