2018年 7月 19日 (木)

東京都心に再び大雪か! 2月1日~2日が要注意、私立中学の入試日と重なる

印刷

   「あさって木曜日(2018年2月1日)には、東京都心に再び雪が降る可能性が出てきました」と梅津弥英子アナウンサーが伝える。先週の1月22日(月曜日)の雪がまだ残っているところもあり、混雑が心配される。

   東京の予報では2月1日、2日も曇りと雪となっている。懸念されるのが交通機関への影響だ。前回の22日には渋谷、新宿、品川駅など主要駅ではホームに乗客があふれ、あおりでバスやタクシーでも長い行列が並んだ。高速道路でも大渋滞し、中央環状線山手トンネルでは解消するのに約10時間もかかった。

雨と雪が混在していて予報が非常に難しい

tv_20180130111121.jpg

   笠井信輔(ニュースデスク)「前回の月曜日と同じ状況がまた起きるのでしょうか」

   各鉄道会社に聞いてみると、「ラッシュ時などの混雑で安全性に問題があれば、また入場規制する可能性もある」、首都高速道路では「チェーン着用を電光掲示板やHPで早めに案内し、利用者への情報提供と誘導をする」ということだった。特別な改善策はなさそうだ。

   前回と違って、2月1日、2日は都内の有名私立中学の入試日と重なる。受験生には気がかりだ。

   天達武史(気象予報士)「先週のこともあって、気象庁も早めに大雪情報を出しています。私もズバリ言いたいのですが、今回は雨と雪が混在していて非常に難しいんです。雪はどうやら2日(金曜日)の朝方になりそうなので注意してください」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中