2018年 5月 25日 (金)

ピエール・エルメ登場! マカロンのレシピ大公開も...家で作るのは無理だわ

印刷

   きょう30日(2018年1月)のあさイチは、スタジオにピエール・エルメさんが登場した。

   「パティシエ界のピカソ」とも呼ばれる、フランスのトップパティシエだ。パティスリーショップ「ピエール・エルメ・パリ」を展開し、「マカロン」で世界中の人々をとりこにしている。

   「パティシエとしてデビューした頃はマカロンのレパートリーが本当に少なかったが、だからこそマカロンを世に知らしめてやろうと思った」(エルメさん)。以来、「キャビア×くるみ」「トリュフ×ホワイトチョコ」「いちご×わさび」など、独創的なフレーバーを生み出している。

出来上がっても26時間はおあずけ

   番組では、エルメさん考案の「ミルクチョコ&パッションフルーツマカロン」のレシピを大公開。ご本人自ら作ってみせた。

   「お家で簡単に作れます」(エルメさん)というが、「パッションフルーツの中身をくり抜いて果汁をこす」「卵白を二日間寝かせる」「グラニュー糖と水をピッタリ118度まで温める」「完成したら冷蔵庫で24時間以上冷やし食べる」「2時間前に取り出す」など、手間のかかる・繊細な行程がたくさん。井ノ原快彦キャスターは「見てると二人ぐらいで作った方が良さそうですよね」とつぶやく。

   出来上がったマカロンを食べた井ノ原キャスター「めちゃくちゃうまい!」

   「私マカロン実は苦手で...どう味わったらいいかわからない」という有働由美子キャスターも、エルメさんのマカロンを口にすると目の色が変わった。

   「美味しい!マカロンってどっちなんだよと思ってたんですよ。皮なのか中のクリームなのか。これは口の中で一つになって、両方合わさって新しい味と感じます」(有働キャスター)

   レシピを公開しちゃって大丈夫なの?と最初は思ったが、素人には到底真似できなさそうだった。きょうの仕事帰りはピエール・エルメ・パリに立ち寄る人が増えるんじゃないか。

ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中