2018年 5月 21日 (月)

英国民をホッコリさせるロイヤルヘアー 髪を病気の人のウィッグに贈ったキャサリン妃とウィリアム王子の刈り込み

印刷

   いま英国ロイヤルファミリー夫妻の「髪」に熱視線が注がれているそうだ。

   昨年(2017年)、髪をバッサリ切り、イメージチェンジしたキャサリン妃。このとき、切った髪をチャリティー団体に他人名義で寄付していたことがわかった。この団体は、病気によって髪を失った子供に人毛ウィッグを贈る活動をしているそうだ。

「普段は自虐ネタの王子も潔い大胆カットです」

   「世界のどこかで、キャサリン妃のやさしさで救われた少女がいるのです」とビビットのナレーションはいう。

   一方、ウィリアム王子の髪にまつわるニュースも。王子は先日、ニューヘアスタイルを披露し、新聞の一面を飾るなど全英を驚かせた。全体的に刈り込み、これまでで一番短いスッキリしたヘアスタイルだった。

   英王室研究家のにしぐち瑞穂さんは「日頃、ご自身で自虐のように髪(薄毛)ネタをおっしゃる王子ですが、今回の潔いカットは国民からの評判もとてもいいですね」と話す。

   気になるカット料金は、なんと約2万7000円だそうだ。司会の国分太一も「え? そんな高いの?」と驚いた。

    もっとも美容師の出張料金なども含めた額だそうだが、王子は「これっぽっちの髪にこんな大金をかけたなんて、誰が信じてくれるかなあ」と話しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中