2018年 9月 21日 (金)

流出「NEM」580億円使うに使えず!口座監視されハッカーも移動困難

印刷

   仮想通貨取引所「コインチェック社」(東京・渋谷)から流出した580億円分の仮想通貨NEMは、複数の口座に分散されていることが分かった。26日(2018年1月)午前0時過ぎ、コインチェックの「ウォレット」と呼ばれる口座からいったんハッカーの口座に送金された後、分かっただけでも9つの口座に分散送金されていた。

   仮想通貨NEMを作ったシンガポールの非営利組織「NEM財団」は不正流出先の複数の口座について監視体制をとっており、ハッカーもNEMを移動するのは困難とみられ、凍結状態にあるという。

犯人特定は極めて困難

tv_20180131145605.jpg

   警視庁は不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査に着手し、金融庁も仮想通貨取引所について緊急調査を始めた。

宮崎哲弥(評論家)「流出の経緯については分かってきているが、じゃあ、犯人が誰かは特定できていないんですね。コインチェックは被害者に返金の方針を打ち出しているが、それがいつ、どういう形で可能なのか具体的にはっきりしていない」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中