2018年 9月 19日 (水)

藤井聡太「五段昇級」中学生で初めて!でも、ひふみんに3か月負けた

印刷

   藤井聡太四段(15)がきのう1日(2018年2月)に行われた名人戦・順位戦で梶浦宏孝四段を破り、15歳6か月の中学生初の五段になった。ただ、最年少ではなかった。あのひふみん(加藤一二三・九段)は高校1年生だったが、3か月早い15歳3か月で五段になっていたのだ。

   対戦は持ち時間6時間の長丁場。藤井四段は昼飯にカツカレーに生卵をのせてゲンを担いだ。中盤から攻勢に出て、13時間、午後11時5分に梶浦四段が投了した。藤井四段は順位戦9連勝で、あと1局を残してトップ通過が決まった。

   「順位戦では1年間、昇級を目指して戦ってきたので、五段昇級を果たせたのはとても良かったと思ってます」と淡々と話した。「普段通りの気持ちで臨めました」と緊張もなかったらしい。

次の「朝日杯」優勝するとたった16日で六段昇級

   野上慎平アナ「歴史が生まれました」

tv_20180202122706.jpg

   司会の羽鳥慎一「カレーに生卵入れるんだな」

   宇賀なつみキャスター「若いですね」

   野上「ひふみんですら9勝1敗だったんです。10勝というのはまだないので、藤井五段には記録がかかっています。次は3月15日です」

   藤井五段は2月17日に「朝日杯将棋オープン戦」準決勝で、羽生善治・竜王と対戦する。もしここで勝って優勝すると、一気に六段に昇格するのだという。「もし実現すると、五段でいる時間は16日間だけ」と野上が煽った。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中