2018年 10月 21日 (日)

11人焼死「自立支援施設」スプリンクラーなかった!共同住宅扱いで設置義務なし

印刷

   札幌市東区で31日(2018年1月)深夜に起きた自立支援のための共同住宅の火災では、48~85歳の男性8人、女性3人が死亡した。建物は築40年の元旅館で、14年前に賃貸アパートに改築し、低所得の高齢者やホームレスに月3万6000円で貸していた。

   実質的には福祉施設といえるようなところだったが、消火器などは設置されていたものの、スプリンクラーは設置されていなかった。消防局によると、11階建て以下の賃貸契約の共同住宅はスプリンクラー設置の義務はなく、消防署の立ち入り検査はクリアしていたという。

   運営していた「なんもさサポート」の藤本典良代表は「金銭的な面もあり、スプリンクラーを付けていなかった」と悔やむ。

福祉と消防のはざまの惨事

tv_20180202143652.jpg

   司会の加藤浩次「福祉施設とみられていないアパートだから、スプリンクラーの義務はない。微妙な感じがしますねえ」

   菊池幸夫(弁護士)「高齢者が多く、食事の提供も私生活の面倒も見ていたとなると、老人福祉施設に近いのだが共同住宅扱い。規模からするとスプリンクラー設置の義務もない。消防と福祉関係の法令の狭間で惨事が起きてしまったんですね。こういう古い施設を使って、少ない予算でいろいろ世話をしてあげる施設は多いはずで、(行政が)どういう資金援助をするか、消防がどうやって不備を勧告していくかという課題が残りますね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中