2018年 9月 24日 (月)

平昌五輪まであと4日 ハンパない極寒の開会式に出るべきか、選手も取材陣も震えおののく

印刷

   平昌(ピョンチャン)オリンピックまであと4日、準備が進む中で懸念されているのが現地の寒さだ。開会式が始まるのと同じ時刻のきのう4日(2018年2月)午前8時はマイナス14度と「寒いというより痛いほどで、呼吸をするのも苦しい感じです」(取材した記者やディレクター)というから半端ではない。

   これまでの冬季五輪で最も寒かった記録は、1994年ノルウェーのリレハンメル大会のマイナス11度。平昌の平均気温はこの時季、例年ならマイナス7度だが、今年は強力寒波の襲来で「とりわけ寒い」と住民も震える。韓国政府はおととい、「お年寄りや子どもなど体の弱い人は外出を控えて」という寒波警報を出した。きのうは平昌付近の川が凍った。

開会式リハーサル-ではボランティアもボイコット騒ぎ

tv_20180205103553.jpg

   この寒さも一因で、おとといには開会式のリハーサルに参加する予定だったボランティア60人前後が一時ボイコットを通告する騒ぎも起きた。前日にものすごい寒さの中でバスを1時間近く待たされたそうで、「これはもうたまらない」ということだろう。

   開会式は屋根のないスタジアム。周囲の山から寒風が吹きつける。組織委員会は3万5000人と予想される観客に防寒用のポンチョやニット帽、ブランケットを配ることにしている。

杉山愛(元テニスプレーヤー)「選手が開会式に出るかどうかの体調管理は自己責任です。体調をこわしたら、良いパフォーマンスはできない」

司会の加藤浩次「開会式が目標ではなく、競技に出ることが目標ですからね」

取材に行く予定の水卜麻美アナ「ちょっと恐れおののいています。私はいいけど、選手には無理をしないでほしいな」

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「心配なのは選手や観客です。寒さで病気が出なければいいですけどね」

   なにかと寒すぎるオリンピック、さて大丈夫だろうか。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中