2018年 7月 22日 (日)

有賀さつきさんが急死、病名などは分からず 「大輪の花だった」と女子アナの憧れの的

印刷

   元フジテレビのアナウンサー、有賀さつきさん(52)がなくなっていたことがわかった。病名など詳しいことは一切分からず。フジテレビの関係者も、スポーツ紙の報道で知ったらしい。1年先輩にあたる笠井信輔も呆然。「信じられない」というばかりだった。

   小倉智昭も「一緒に仕事をしても、明るくて楽しい人だった。進行性の病気だったんでしょうか。52歳は早すぎる」という。

河野景子さん、八木亜希子さんと並ぶ「花の三人娘」

tv_20180205120234.jpg

   スポーツ紙も、「亡くなったのは、1月末」「詳しい死因は明らかでない」という。最後のテレビ出演はきのう4日(2018年2月)未明の日本テレビのショッピング番組で、昨年収録したものだったという。

   情報を確認するために、「とくダネ」芸能担当の前田忠明が動いたが、わかったのは「亡くなったのは間違いない」「今日(5日)午後、親族から発表がある」というまでだった。

   昨年(2017年)夏のクイズ番組では大活躍して、かつて「天然ボケ」といわれたイメージを払拭したという。ただ、かなり痩せていた。本人は「ダイエット」と言っていたが、目ざとく「カツラ」を見とがめた人もいて、それには「カツラいいですよ」といっていたと。

   コメンテーターの山崎秀鴎は「友人から、お父さんの介護をしないといけないとか聞いた。別の知人からは、11月頃には相当具合が悪いようだとも聞いていた」というが、詳しい事情はひた隠しにしていたらしい。

   有賀さんは東京都出身。フェリス女学院大を出て1988年、フジテレビ入社。同期入社の河野景子さん(現:貴乃花夫人)、八木亜希子さんと並んで「花の三人娘」として人気を博し、その後の女子アナブームの先駆けとなった。

   八木さんは3人の性格を、「景子は石橋を叩いて渡る。私は叩いて、叩いて、時々壊してしまう。さつきは石かどうかも見極めずに一気に渡っちゃう」といっていた。特に有賀さんの「天然ボケ」、そのくせバイリンガルというアンバランスは、お堅いイメージの女子アナを身近な存在にしたといわれた。

   92年にフジを退社したが、フリーになってすぐ、テレビ朝日の「ミュージックステーション」に起用されて、フリー・アナウンサーの先鞭もつけた。その後、結婚して1女をもうけたが、離婚してシングルマザーを続けていた。

ブログには「育児、介護、仕事と、怒涛の日々でして...」

   昨年2月には、ブログに「まあ、とにかく、怒涛の日々でして......育児、介護、仕事。シングルペアレント。これらに当てはまる皆さまいらっしゃいますか? いつごはんを食べたかな? 何時間寝たかな? 自分のことは後回しの日々を15年も続けてはいけませんよね」と本音?を吐露していた。

小倉「お嬢さんがまだ中学生?」

   梅津弥英子アナは「有賀さんに憧れていた世代」だという。「華やかな先輩の中でも、有賀さんは大輪の花だった」と。

   笠井が最後に有賀さんの資格一覧を見せた。英語検定準1級、TOEIC 930点、漢字検定準1級に始まり、料理、フランス菓子、懐石料理、アロマコーディネーターから小型船舶操縦士2級、モータースポーツライセンス(国内A級)など多数。ただの天然ボケではなかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中