2018年 12月 11日 (火)

貴乃花親方の落選の驚くべき裏側 投票は「マル式」ではなく「記名式」だった!

印刷

   結果は、予定通りだった? 2日(2018年2月)に行われた日本相撲協会の理事選は、貴乃花親方の落選でケリとなった。ただ、いわれていた「○」記入ではなく、候補の親方名を書く「記名式」で、票の動きも奇妙だった。貴乃花一門が実のところ、どう動いたのかを「とくダネ」が追った。

貴乃花一門の2票はどこへ行った?

   理事選で貴乃花親方が得た票は2票、自身の票ともう1票だ。一門の阿武松親方は8票だった。2人で10票だ。もともと一門の基礎票は、11票と別の一門からの1票で12票だった。2票はどこへ行った?

   取材を進めると、「2票は立浪親方と常盤山親方だ」と関係者がいう。この2票は山響親方(8票)へ行ったという。山響親方は故北の湖理事長(出羽海一門)の愛弟子で、前回理事長選では貴乃花に投じていた。今回は貴一門からお返しか?

   これを立浪親方(立浪部屋)に聞くと、「それはみんなで決めたことなんです。誰に入れたとかいうことじゃない。(一門の結束は?の問いに)全然結束してますよ」。一門の話し合いの末? 「そうですよ。貴乃花親方もいて、11人で決めたことですから」という。

   常盤山親方(千賀ノ浦部屋)は、「(2票流れたのは)それはしょうがないんじゃないですか。(親方が?)それは言えないな。(阿武松親方も)知っていたでしょうね。貴乃花さんも知っていたし」といった。さらに、「(貴乃花には)今期一期だけ我慢してくれといっていたから、(次は貴乃花を?)そうなるんじゃないかと思う」という。

   現に選挙の翌日、貴乃花親方は「今日からまた新しく進んでいきます。(想定内の結果か?)特に何もないです。ご苦労様です」と笑顔を見せていた。

   

記名式になるのを知らなかったマスコミの怠慢

 

   小倉智昭「貴乃花親方は、どうしても選挙にしたかった?」

 

   相撲担当の横野レイコ「負けてもいいと。貴乃花らしい」

 

   小倉「まさか2票とは」

 

   久保武司・夕刊フジ記者「本人は1票だけだという思いがあったようです」

 

   票の分析が奇妙だ。貴乃花の2票のうちの1票は、高砂一門からといわれる。また、阿武松の10票のうち2票が山響親方へ。他に時津風、高砂から3票が山響へ行ったと。

 

   横野「北の湖へのリスペクトとしての票」

 

   しかし、貴乃花の読み違いと見る人、「世論へのアピール」と見る人と、見方は様々だ。

 

   小倉「投票方式も違った。○をつけるといっていたのがそうじゃなかった」

 

   横野「○を書いたのは、2010年の貴の乱の時だけだった」

 

   以前の理事選は、投票箱の真ん前に立会いが目を光らせていた。中には、書いた内容を立会人に見せる親方もいたという。で、2010年の貴の乱の直前、文部科学省が「どうなっている」と問い合わせた結果、無記名での投票になった。ただそれ一回だけだったという。

 

   久保記者は「もし、○式だったら、票は動いたと思う。当日方式が違うんだと驚いた」という。街の声も「筆跡がわかる。マルバツ式だったら、結果は変わっていたかもしれない」「公平性を欠く」というのがあった。

 

   笠井信輔「それをマスコミは知らなかった。横野さんも、久保さんも知らなかったというのは、広報に問題あり」

 

   いや、記者の方でしょう、問題は。

   ヤンヤン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中