2018年 9月 22日 (土)

住宅全焼で4人死傷 直前に押し入った男はフィリピン人妻のストーカーか

印刷

   長野市風間で4日(2018年2月)、一軒家が全焼し4人が死傷した火災があった。その背後に、ストーカートラブルがある可能性が濃厚になった。

   この火事では自動車修理会社経営の北村昇一さん(57)宅が全焼、焼け跡から性別不明の2人の遺体が発見されている。警察はこのうち1人は連絡の取れない北村さんとみているが、問題はもう1人の遺体が誰なのかだ。

火災6分前に110番通報があったが...

>
tv_20180206112736.jpg

   北村さんはフィリピン国籍の妻・フローラさん(41)と母親(85)の3人暮らしで、フローラさんは意識不明の重体、母親は軽傷を負った。

   実は、フローラさんは山梨県在住の外国籍の男からストーカー被害にあっていて、昨年(2017年)12月に警察に相談、警察はストーカー規制法に基づきこの男に警告をしていた。

   火事の起きた日、外国籍の男が北村さん宅のインターホンを鳴らし押し入ったとの目撃情報もあり、火災の6分前には110番通報もあった。警察はこの外国人の男が火事に関わったとみて調べている。

警察に警告されてもストーカーの2割は逆上する

   2016年にはストーカー被害の相談件数は2万2737件に達し、そのうち警察が加害者に警告をしたのは3562件。それでも行為をやめなかったり逆上したりして逮捕に至ったのは769件だ。2017年には法律が改正され、相談されたらすぐに警告するケースが増えている。

   しかし、怖いのはそれで逆上された場合だ。

   NPO法人ヒューマニティ理事長・小早川明子さんは「警告事態に強制力はない。8割くらいは警告を受けて初めて『これはストーカー行為なんだ』と自覚し、自制する。2割くらいの人は不満を抱いたり逆上したりする」と話す。

   国分太一「避難しろ、といっても1日だけではないし限界がある」

   堀尾正明「最近は発想を変えて加害者対策が始まっている。地域の精神科を受診させ、『支配者意識の強さ』や『執着心』の自覚を促そうというもの。加害者から予防するという動きです」

   真矢ミキ「それだけ加害者意識がないってことですよね。身近な人がストーカーになるケースが多いし、ボーダーラインも難しい」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中