2019年 12月 13日 (金)

下町ボブスレー、ジャマイカチームがなぜ使わない? アツかった期待が凍えたわけ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

交通ストで「下町」が届かず、代用品を使うと...

   ジャマイカ代表は今年1月、国際大会で好成績を収め、五輪出場を決めた。その時、プロジェクトチームの國廣愛彦さんは、「われわれのモノづくりが世界に発信される時が来た」と感激していたものだ。ところが、昨年11月から12月にかけて、ジャマイカチームが乗っていたのは、ラトビア製のソリだった。

   ジャマイカ女子チームは2017年11月、「下町ボブスレー」に乗り、ノースアメリカン杯で初の銀メダルを取っていた。が、次のドイツでのW杯では、輸送機関のストで「下町」が会場に届かず、急遽プロジェクトの了解のもと、ラトビア製のソリで出場。結果7位になった。

   ここで選手たちが、「ラトビア製で戦いたい」と言い出して、五輪出場を決めたのだった。平昌の本番でも、そのソリを使うという。

   岸本哲也「ドイツで滑走テストをしています。そしたら、下町はラトビアより2秒遅かった。2秒違うと70~80メートル違う。ただ、このテストは、日も違うし、天候も違う。ランナーも違った」

   ジャマイカのボブスレー協会とプロジェクトチームが話し合ったが、協会は「(下町は)誰かがブレーキを引いているように遅い」といったという。そして1月25日、協会は正式に「平昌では使わない」と通告してきた。

   ただ、契約解除の条件には、「損害賠償6800万円」(ソリ4台分の開発費と輸送費)が規定されている。

   小倉智昭「ジャマイカは冬季五輪には縁がない。ボブスレーならいけるかという試みが、『クール・ランニング』という映画にもなった。そこと大田区がやるというので、期待していた人は多いんですけどね」

   安田洋祐「選手がいいというのなら仕方がない。ただ、今後賠償を払わないとなったら......」

   小倉「ラトビアが本当に速かったのかどうか」

   笠井信輔は「ジャマイカは意味がわかっているのか。このVTRを訳して見せてやりたい」とカンカンだ。

   小倉「冬のオリンピックはすべて道具を使う。スキー板1枚でも、選手は海外のもの使っているからね。ジャンプでも」

   さあ、どうなるのか。日本の苦衷が、カリブ海のおおらかな国民に通じるのだろうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中