宇都宮、4年ぶりに「日本一のギョーザの街」に 浜松が負けた意外な理由はアレ

印刷

   宇都宮市が4年ぶりに家庭のギョーザ購入額でトップに返り咲いた。2014年から3連覇を許していた浜松市から王座を奪還した。

   総務省によると、去年(2017年)1年間の1世帯あたりのギョーザの購入額は宇都宮市が4258円で、2位の浜松市は3582円だった。

   背景には、ギョーザパーティを開いたり、家庭でのギョーザの登場数を増やしたり、「日本一のギョーザの街」の称号目指して一致団結した宇都宮市民の熱い思いがある。売る側も、スーパーでギョーザを買えばグッズがもらえるキャンペーンをしたり、激安価格で売ったりするなど赤字覚悟で市民の「ギョーザ愛」を育てていったというのだ。

インスタを制するものはギョーザ界を制さない?

tv_20180206124804.jpg

   一方、1世帯当たりの消費額を4818円から3582円に大きく減らした浜松市。その敗因は意外なものだった。

   フードジャーナリストのはんつ遠藤氏によると、その敗因は「SNSのせいです」と話す。

   インスタ映えする浜松ギョーザは、その見た目の良さが裏目に出たと分析する。総務省の調査は家庭で食べるギョーザが対象だ。円盤型にキレイに並べて焦げ目を見せ、もやしを添えて......。家庭で美しい浜松ギョーザを作るのは難しい。それで店で写真を撮って食べる人が増えたというのだ。

「鍋ギョーザ奉行もいてはります」

   さて、今回の調査では宇都宮と浜松の「二強時代」に待ったをかけるダークホースも現れた。昨年17位だった大阪の境市が3位(3091円)に大躍進したのだ。堺市役所の広報担当の人も「ノーマークで本当にびっくり。今理由を探している」と驚いている。

   「ビビット」は、ギョーザの持ち帰り専門店が多いことや、工業地帯で韓国や中国の人が多く、安くてお腹いっぱいになるギョーザをよく食べる名残があることが理由ではないかと分析する。

   また、堺市では鍋ギョーザが親しまれているという。「鍋ギョーザ」という言葉にスタジオには驚きの声が響いた。

   千原ジュニア「今さら何言うてはるんですか。全然いれますよ。ギョーザとマロニーちゃんは絶対」

   堀尾正明「今野菜高いから、(代わりに)ギョーザだけでいいんじゃないの?」

   千原「鍋ギョーザ奉行もいました」

   さらにギョーザトークは盛り上がる。

   国分太一「僕、ご飯とギョーザは絶対合わない派。ビールは合うけど」

   倉田真由美「ご飯でしょー!白いご飯!!」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中